ロジレスがSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」との連携を開始しました

プレスリリース

「あるべき姿に変えていく」をミッションに掲げる株式会社ロジレス(所在地:東京都豊島区、代表取締役:西川真央)が提供する「ロジレス」は、株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区、代表取締役:星野 裕子、以下フューチャーショップ)が提供するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」との連携を開始しました。

「ロジレス」と「futureshop」連携の背景と連携内容について

今回の連携は、ロジレスを利用しているEC事業者様から頂いたfutureshopとの連携の手間を削減したいという要望に応えたものです。

これまでも、ロジレスではfutureshopとのCSVでの連携に対応していましたが、手動でCSVをアップロードする必要がありました。そのため、受注が発生したタイミングで受注管理や在庫連携ができないなど、運用に手間がかかっていました。

これを受け、「メールによる注文の自動取り込み」と「APIによる在庫連携」を可能にしました。

連携強化によって実現できること

今回の連携により、futureshopでの受注をロジレスにメールにて取り込むことが出来るようになりました。

これにより人の手を介する必要なく、受注が発生したタイミングで他モールと一括して受注情報を管理し、APIによる在庫連携を行うことが可能となり、EC事業者様の手間を削減しました。


◆「ロジレス」について

「ロジレス」は、EC自動出荷サービスとして、ネットショップの受注から出荷までの業務を自動化するシステムを提供し、自動出荷が可能な物流倉庫とのマッチングサービスを行っています。ネットショップと物流倉庫が同じシステムを利用することで、受注情報はそのまま倉庫に共有され、自動的に商品が出荷される「自動出荷」が実現できます。宅配クライシスをはじめとし、EC物流は非効率や人材不足を起因とした課題が多く、ロジレスの利用も急増しており、2019年10月における月間出荷件数は47万件(前年比326%)でした。

◆「futureshop」について

フューチャーショップが提供するfutureshopシリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームです。

国内向けfutureshopはCMS機能「commerce creator」で高いデザインカスタマイズの自由度と更新性を実現しているほか、ロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有しています。オムニチャネル対応には実店舗とECの顧客統合を行い、さらにきめ細やかなデジタルマーケティングを目的とした、O2Oを実践するポイント統合、実店舗在庫表示機能も備えた「futureshop omni-channel」をご利用いただけます。越境EC・インバウンド対応時には同じオペレーションの「futureshop overseas」をご利用いただけます。

また、プラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れています。“売上を創るEコマースプラットフォーム”を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、事業者の「やりたいこと」にとことん、応えます。

futureshop サービスサイト

■株式会社ロジレス概要

当社は、「あるべき姿に変えていく」というミッションのもと、自動で出荷してくれる倉庫が見つかるEC物流プラットフォーム「ロジレス」を提供しています。ロジレスでは、受注処理や出荷作業などの業務を自動化させ、無くしていくことを目的としています。その為、ご紹介する全ての物流倉庫には、ロジレスが開発した独自システムが導入されています。ネットショップと物流倉庫が同じシステムを利用することで、情報の一元化や業務の標準化が進み、煩雑な作業や面倒なやりとりをすることなく、自動出荷や複数拠点出荷が実現できるようになります。このような物流倉庫は日本全国に30社以上あり、現在も拡大中です。ロジレスは、既に100社以上のEC企業で利用されており、今後もネットショップの業務効率化・物流の最適化を進めていきます。