EC物流代行システム「LOGILESS」と、SBロジスティクス「フルフィルメントサービス」連携開始のお知らせ

プレスリリース

株式会社ロジレス(本社:東京都豊島区、代表取締役:西川真央)が提供する「LOGILESS」は、SBロジスティクス株式会社(以下、SBロジスティクス)が提供する「フルフィルメントサービス」との連携を開始しました。

LOGILESSについて

EC事業者の物流業務効率化に欠かせないOMS(受注管理システム)と、WMS(倉庫管理システム)の一体型システムです。EC事業者と物流倉庫が同一のシステムで情報連携をすることで、自動出荷を実現します。利用することで、ネットショップからの注文情報はシステムに自動で取り込まれ、出荷情報として物流倉庫に共有されます。物流倉庫へCSV送付したり、個別の指示を出すことなく商品がお客様のもとへ出荷されます。EC事業者の反復業務である、受注業務・出荷業務・在庫管理の自動化が進み、売上拡大のために貴重なリソースをかけられるようになります。

<LOGILESSシステムのカバー領域>

受注管理システム・倉庫管理システム・物流代行

SBロジスティクス フルフィルメントサービスについて

企業規模・物量を問わず、使用した分だけ料金が発生する従量課金型のサービスです。SBロジスティクスの物流センターは、最新の技術を積極的に活用しています。従来は人手に頼らなければならなかった庫内物流の自動化を推進し、365日稼働させることで、より安定した出荷を実現し、物流業界で最安値へ挑戦しています。

「LOGILESS」と「フルフィルメントサービス」の連携について

LOGILESSを使うことで、EC事業者は、受注処理・在庫管理・出荷作業などの物流業務をアウトソースし、自動出荷することが可能ですが、実際の物理的な業務は物流倉庫が行っています。今回、SBロジスティクスの「フルフィルメントサービス」との連携により、最新の技術を積極的に活用し、庫内物流の自動化を推進している最先端の物流倉庫がご利用いただけるようになります。

SBロジスティクスとの連携により庫内業務も自動化

株式会社ロジレス

当社は、「物流危機からECを守り、進化させる」というミッションのもと、LOGISTICS INNOVATION STARTUPとして、EC事業者と物流倉庫事業者を連携する物流代行システム「LOGILESS」を提供しております。LOGILESSをご利用いただくことで、情報の一元化や業務の標準化が進み、煩雑な作業や面倒なやりとりをすることなく、自動出荷や複数拠点出荷が実現できるようになります。現在200社を超えるEC事業者/40社を超える倉庫事業者が当社システムを利用しております。今後もEC事業者の業務効率化・物流の最適化を進めていきます。